Updated:2020-11-26

多文化間精神医学会 災害支援委員会

海外駐在員などの適応問題、日本国内における外国人労働者の適応問題、難民問題、宗教・民族問題などを多方面から専門的に探求するために1993年7月に「多文化間精神医学会」(Japanese Society of Transcultural Psychiatry)が設立されました。

HOME 理事長挨拶 学会概要 学会認定資格 入会案内 イベント情報 学会誌
海外在住者サービス 在日外国人サービス 関連組織 多文化間専門アドバイザー English マイページ  

学会・ワークショップ情報

情報委員会からのお知らせ。

慶應義塾大学 医療人類学研究会 医療と人文社会科学の架橋に向けて33:『ふつうの相談』『フーコーと精神医学』合評会
日時:12月16日(土)16:00-19:00
場所:慶應義塾大学三田キャンパス西校舎519教室
形態:ハイブリッド予定
ウェブ参加希望のみ、登録必要(対面は、当日自由参加) 
転送自由 無料
講演者
東畑開人
(臨床心理学:白金高輪カウンセリングルーム・慶應義塾大学)
蓮澤優
(精神医学・哲学:九州大学キャンパスライフ・健康支援センター)
斎藤環
(精神医学:筑波大学医学医療系社会精神保健学)
黒木俊秀(精神医学・臨床心理学:九州大学大学院人間環境学研究院)
司会:北中淳子・狩野祐人(慶應義塾大学社科学研究科 医療人類学)

概要
この度、東畑開人『ふつうの相談』そして蓮澤優『フーコーと精神医学』という、日本における精神医療の人文社会科学的研究に重要な貢献をなすであろう本が立て続けに刊行されました。『ふつうの相談』は、臨床心理学者である東畑氏が、複数的な臨床空間における治療文化の様態についての医療人類学的考察を、専門的・学派的な治療の手前にある「ふつうの相談」に着目し推し進めた意欲的な著作です。また『フーコーと精神医学』は、精神医学と哲学の二つの分野で博士号を持つ蓮澤氏が、哲学者フーコーによる精神医学批判を体系的に吟味し、現在の臨床にもつアクチュアリティを描き出した力作となります。精神科医である斎藤環氏、黒木俊秀氏をコメンテーターとして招き、この二つの著作が現在の精神医療に提起する問題について議論します。

 

学会ニュース 第30回学術総会 盛会に終了しました

https://www.k-con.co.jp/30jstp/index.html
開催日:2023年 11月 4日(土)・5日(日)
テーマ:多文化共生社会を開くクロストーク
The crosstalk opening the door to multicultural symbiotic society
会場:大正大学5号館・7号館
   〒170-8470東京都豊島区西巣鴨3-20-1
会長:桂川 修一
(東邦大学医療センター佐倉病院 メンタルヘルスクリニック教授)
副会長:秋山 剛(NTT東日本関東病院)
事務局長:前田 隆光
(東邦大学医療センター 佐倉病院 産業精神保健・社会復帰支援センター)

 

情報委員会からのお知らせ。

PRCP&WACP2025 Joint Congress Tokyoの開催時期が2025年9月25日(木曜日)から28日(日曜日)に 最終的に決定されましたことをご報告申し上げます。 開催時期の変更につき、皆様には、大変ご迷惑をおかけいたしましたことを深くお詫び申し上げます。
JSTP情報委員会 浅井逸郎

 

最新学会誌情報

2023年8月号(第22巻第1号)の学会誌の目次を掲載致しました。

最新号、バックナンバーご購入希望の場合には、「学会誌」をご覧ください。

書評公募についてのお知らせ

 

多文化トピックス

ウクライナ難民支援について

ウクライナ難民の皆様の日本での生活に伴うこころの問題が生じたときに ウクライナ人臨床心理士によるウクライナ語の相談を受けることのできる仕組みを NPO法人国際活動市民中心(CINGA)という団体が提供させていただいているとのことですので、 ご活用いただける場合もあろうかと思われますので、情報提供させていただきました。 ご利用方法等詳細は、CINGAホームページ(https://www.cinga.or.jp/)をご覧ください。

NPO法人国際活動市民中心(CINGA)について 代表理事阿部裕先生(JSTP前理事長)よりご説明をいただいておりますので、 紹介させていただきました。
2004年に設立された多文化共生社会の実現を目指し活動するNPOです。 特徴は2つです。一つは、精神科医、心理士、弁護士、行政書士、日本語教師、 通訳者、新聞記者など多様な専門職の人びとが、それぞれの専門性を活かした 活動に参加していること。もう一つは、外国人相談と地域日本語教育を二つの柱に、 国際交流協会など多様な組織とネットワークを形成し、中間支援を行っていること。 多文化共生領域の専門性を有したネットワーク組織として活動をしてます。
多文化間精神医学会情報委員会

ピエール・ドゥリオン先生のご講演の記録出版のご案内

第24回多文化間精神医学会学術総会(於・明治学院大学、大会長・阿部裕)におけるリール第2大学 精神医学講座名誉教授のピエール・ドゥリオン(Pierre Delion)先生のご講演(通訳・三脇康生)の記録が、この度、フランスのÉditions d'une出版社より出版されました。

冒頭には、本学会への謝辞が記されています。フランス語の題名は、”Qu'est-ce que la psychothérapie institutionnelle? Conversation avec Yasuo Miwaki” です。

内容はpsychothérapie institutionnelle(今までの既訳は「制度を使う精神療法」などがある)とは何か、institutionという言葉をどう翻訳したらよいかについて、三脇康生との対話という形でご講演いただいたものです。

本著はギリシャ語版も出版されました。

外国人への精神医療に協力していただける先生方へ

外国人の診療に協力いただける先生の、「連絡先リスト」を作成しています。ご協力いただける先生方はこちらから情報を送信してください。