学会誌情報 最新号、バックナンバー、投稿規程

国際出版関連

学会誌情報 最新号、バックナンバー、投稿規程

最新号のご案内

最新号

「こころと文化」第17巻第1号(2018年2月刊)←リンクをクリックすると、目次(PDF形式)が参照できます。
購入希望

特 集

海外在留邦人の生活ストレス要因 〜ストレスチェック海外版作成に向けて

特集にあたって(鈴木 満)

アフリカでの生活ストレス要因と精神医療事情(吉川 潔)

 ― マダカスカル、ベナンでの生活体験と医療情報を中心に

アフリカの南端から
 ― 南アフリカ共和国における日本人の文化適応(鎌田鮎子)

海外勤務に伴うストレス要因

 ― アメリカ、セネガル、サウジアラビア、ブラジルに勤務して思うこと(原田信治)

シンガポールでの邦人治療とメンタルヘルスの課題(吉国泰代)

ジャカルタでの生活ストレス要因 ― 2017年(久津沢りか)

大洋州島嶼国における勤務・生活ストレス要因

 ― パプアニューギニアを中心に(吉田常孝)

かつて「東欧」と呼ばれたチェコに暮らして

 ― 海外勤務者の生活ストレス要因について考える(嶋崎恵子)

原著論文:

森田療法とAcceptance and Commitment Therapy(ACT)の完成に与えた文化的影響(館野 歩)

バックナンバー一覧(下記の表示は過去2回分のみ)

ご購入希望の方はカートをクリックし、ワードの購入フォームをダウンロードしてください。なお在庫が無い場合にはご了承ください。
 

特集

著者

在庫


「こころと文化」第16巻第2号
(2017年9月刊)

 

高齢者が生きる時代 〜 明日の終末期ケアを考える

特集にあたって

第1部 高齢者の終末期ケアの現場・誰のための医療かを再考する

急性期病院に入院した高齢者に対する通院支援

 ― 「ときどき入院、ほぼ在宅」に向けて

在宅エンド・オブ・ライフケアを精神科サービスモデルに位置づける
 ― 「GPー精神科医ー多職種訪問チームモデル」とその展開

高齢者の終末期ケア

 ― 療養型病院の役割(進藤彦二、古川健太郎、桂川修一)

精神科病院における長期療養にて高齢化した患者の終末期

(人生最終段階における医療)のケアの考察

第2部 高齢化社会のなかで終末期ケアの理想を追求する

生活障害へのケアを受けた認知症高齢者に関する終末期の病みの軌跡の検討

 ― 「口から食べること」に焦点を当てて

 

 

中国伝統医学の「移精変気の法」を終末期マネジメントに活かす

 ― 中国・上海からのレポート

桂川修一

 

 

桂川修一

 

北田志郎

 

 

 

吉田恵子

 

 

高橋眞理奈、諏訪さゆり

松浦美知代、島村敦子

辻村真由子

 

本橋京子

 

あり

 


「こころと文化」第16巻第1号
(2017年2月刊)

日本から発信するこころのグローバル化と多文化間精神医学

特集にあたって

第1部 グローバル化の理論

グローバル化に伴う文化を取り巻く様相と課題 − 国際教育の視点から −

21世紀における道徳心理学の発展を概括する − その異文化適応理論への影響を考察 −

「こころのグローバル化」とコミュニティ心理学にみる「文化の多様性」

領域を超えて、トラウマを耕す

 

第2部 グローバル化の実践

移民・難民とこころのグローバル化 − 移住国際結婚家族の場合 −

こころのグローバル化 − 外来精神医療の視点から −

東日本大震災における国際連携支援とコミュニティ再生

− グループ表現セラピーと語りにおける心的外傷後成長(PTG) −

 

井上孝代

 

山西優二

水野修次郎

笹尾敏明

宮地尚子

菊池美名子

 

鈴木一代

阿部 裕

湯浅 紋

井上孝代

いとうたけひこ

エイタン・オレン

あり

「こころと文化」投稿規定
投稿者(筆頭著者)は,本会会員のみ。未入会の方はこちらより入会手続きお願いします

■ 本誌は,文化と精神医学に関する原著論文,および症例報告その他で,他誌に未発表の論文を掲載するものとします.
■ 投稿者(筆頭著者)は,本会会員に限ります
■ 投稿論文におけるプライバシー等人権問題に関するすべての責任は,投稿者にあるものとします.
■ 採否および掲載の順序は,編集委員会において決定いたします.
■ 投稿の際は,「原著論文」「症例報告」「調査報告」「短報」のいずれかを明記し,本原稿のほかにコピーを 2 部添付してください(計 3 部).
その他にお手元にコピーを 1 部必ず保存してください.
■ 原稿はワープロにてご執筆ください.その場合,A4 の用紙を使用し,40 字×30 行で印刷してください.また,原稿には,必ずフロッピィーディスク
(テキストスタイルあるいは MS−DOS に変換されたもの)を添付してください.
■ 著者による校正は,初校のみといたします.
■ 掲載論文については,掲載誌 1 部ならびに別刷り 30 部を進呈いたします.30 部以上の別刷りをご希望の場合は,50 部単位で実費作製いたします.
校正の際にお申し出ください.
■ 原稿送付先 「こころと文化」編集委員会
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場4-4-19 (株)国際文献社内
TEL:03-5389-6492 FAX:03-3364-0041
メール宛先:
jstp-edit@bunken.co.jp

[Back to Top]